【忙しい人向け】AirPods Max、どこがそんなに残念なのか?

Appleの初となる純正ヘッドホンが発表されましたね。巷ではいろいろな噂が立っていましたが、総じて聞くのは「残念」といった評価。

この記事ではサクッと読める量で、Apple初のヘッドホン、AirPods Maxのどこが残念なのかまとめてみましたので、忙しくて最新の情報を追えていなかった人はぜひ参考に。

この記事を読めば、AirPod Maxの話を振られても最低限ついていくことができるようになるでしょう。

AirPods Maxのスペック、価格

価格は61800円(税別)。ヘッドホンとしてはかなり高級な部類に入るか価格設定。信者度合いが試されます。

AirPods Maxという名前だけあって、AirPodsの以下の機能も搭載されています。

  • 高性能なノイズキャンセリング
  • 外部音取り込みモード
  • 耳から外すと音楽が自動で止まる機能

ケースが全然スマートじゃない

AirPods Maxのケースに収納することで、バッグのように持ち運べる仕様になっています。しかし、そもそもヘッドホンをケースのまま持ち運ぶことは無く、ほとんどの方はバッグに入れて持ち運ぶと思います。

そうなると折りたたむことのできないAirPods Maxはバッグの中でとてつもない存在感を放つことになるでしょう・・・。AirPodsも発売当初は「ダサい」という声が多かったですが、この「Smart Case」に関しては実用性もデザイン性も完全に意味不明です。どこがスマートケースやねん。

シンプルに高い

税別61,800円。高い。良く引き合いに出されるソニーの「WH-1004XM4」は税別33,000円ですので、下手したら2つ買えちゃう値段。しかし、まだ実機のレビューが少ない状態ですし、音質が良すぎて「これが61,800円なら安い!!」という声もあがってくるかも、、しれません。

充電がLightning

個人的にはココが一番残念ポイントでした。またまたソニーの「WH-1004XM4」を引き合いに出して申し訳ないのですが、「WH-1004XM4」はしっかりUSBType-C充電対応です。

Type-Cとライトニングはケチャップとトマトくらい違います。

まとめ

  • ケースがスマートさに欠ける
  • 価格が高い
  • 充電がLightning仕様

以上がAirPods Maxの残念ポイントでした。

クソデカAirPodsPro(総評)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です