【データ移行方法】PS4で遊んだデータとセーブデータをPS5へ転送する方法

データ転送方法

後方互換性として、PS4で遊んでいたソフトデータをPS5でも引き続き遊ぶ方法とデータを移行する方法を紹介します。できない場合は、いくつかの転送方法を紹介しますので試してみてください。

PS4で遊んだデータとセーブデータをPS5へ転送する方法

方法はいくつかあります。通常版とデジタルエディションで転送方法を紹介します。

まずはデータの転送方法(セーブデータではない)

パッケージ版(ディスク)であれば簡単です。

PS5(通常版)でデータ転送のやり方

違いと比較でも紹介しましたが、PS5通常版だとPS4ソフト(パッケージ)を入れると自動的にインストールされます。

拡張ストレージがある場合

もともとPS4で拡張ストレージ(PS4でインストール済)があればPS5に挿すと、そのままゲームがプレイできます。

PS5デジタルエディション版で転送のやり方①

PS4からPS5デジタルエディションまたは通常版にデータを移行する前の準備から説明します。

・PS4側ですること

  1. PS4の「最新のシステムソフトウェア」にアップデート
  2. PS4でPS5と同じPlayStationNetworkアカウントにサインインすること
  3. インターネットをPS5と同じネットワークに繋いでおく(Wi-FIでも可)

お手持ちの有線LANケーブルがあればPS5と繋いでおくと転送が早く完了します。

PS4の準備はこれで完了です。次はPS5側で操作しましょう。

  1. 「PS4からデータを移行しましょう」という画面から、PS4側ですることを終わっているのであれば「続ける」を決定します。
  2. 次に「データ転送を準備」という画面から、ネットワークに接続されていることを確認されるので、これもPS4側ですることを終わっているのであれば「続ける」を決定します。
  3. PS4が見つかりましたとなれば、「PS4」の電源ボタンを1秒以上(ピッと音がするまで)押し続けてください。
  4. 移行中ですとなり、完了するとPS4の電源は自動的に切れます

転送中のPS4とPS5の画面ですが、転送中もPS5は遊ぶことができます。

PS5デジタルエディション版で転送のやり方②

過去にPlayStationストアで購入したことがある場合は、以下の順番でもPS5でPS4のゲームを遊ぶことができます。

  1. PS5でPS4ゲーム購入時のアカウントにサインイン
  2. ゲームライブラリーorPlayStationストアから再ダウンロードして遊ぶことができます

セーブデータの転送方法①(PS Plus加入の場合)

PS Plus にご加入の方はセーブデータをオンラインストレージ経由で転送することができます。

  1. PS4側:セーブデータをアップロード
  2. PS5側:セーブデータをダウンロード

セーブデータの転送方法②(USBを使用)

同じアカウントでログインしたら、USBを使用してセーブデータの転送をすることができます。

  1. PS4とPS5同じアカウントでログイン
  2. PS4でUSBにセーブデータをコピー
  3. PS5へUSBデータを移行する

最後に

データの転送、セーブデータの転送と各々いくつかの方法を紹介していますので、簡単と思う方法でデータを移行させてPS5でもPS4ソフトを遊べるようにしましょう。

合わせて読みたい↓↓

【PS5・FPS】ゲーミングヘッドセットおすすめTOP8を厳選

【PS5・FPS】ゲーミングモニターおすすめTOP5!【勝ちにこだわれ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です