【PS5】買うならどっち?違いと人気を徹底比較で解説!

PS5比較画像

悩んでいる人
PS5が欲しいけど通常盤とデジタル版どっちがおすすめ?比較した上で知りたい!

今回は上記のような悩みを解決していきます。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントからついに「PlayStation5」(PS5、プレステ5)が2020年11月12日に発売されました。グラフィックや映像処理速度の大幅スペック向上が図られ、、これまで以上にゲームに没頭することができそうです。

PS5とPS5 Digital Edition(デジタルエディション)の違いをどっちを買うか悩んでいる人向けに紹介していきます。

PS5におすすめの周辺機器を探している方はこちらの記事もどうぞ。

PS5 | 買うならどっち?違いと人気を徹底比較!

 デジタルエディションPS5
価格39,980円49,980円
PS4ゲーム(ディスク版)×
映画(ディスク版)×
ディスク×Ultra HD Blu-Ray対応
型番CFI-1000B01CFI-1000A01
容量825GB SSD825GB SSD
CPUなど性能違いなし違いなし
消費電力340W350W

PS5通常版は、ディスクを入れることができますが価格が1万円高い機種です。ディスクを入れることができるので映画を楽しめます。

ただPS4と同じBlu-ray対応かと思いきや、PS4はBlu-ray(2K 1920*1080)対応で今回登場するPS5はUltraHD Blu-ray(4K 3840*2160)と超高精細の映像を楽しむことができます

デジタルエディション版は、DL版のみ対応しており安い機種なので、ゲームだけできれば良いという方にはお買い求めやすくなっています。

PS5|2つのモデル!具体的な違いは?

PS5

PS5(プレステ5)では通常モデルに加えて光学ディスクドライブ(Ultra HD Blu-ray対応)が付いていない「デジタル・エディション」があります。

価格についてですが、通常モデルのPS5が49,980円(税別)なのに対してデジタル・エディションは39.980円と10,000円安くなっています。

光学ディスクドライブUltra HD Blu-ray対応)に10,000円の価値を感じるかどうかが購入の決めてとなりそうですが、UltraHD Blu-ray対応のプレーヤーが2万円前後で販売されていることを考えるとPS5通常モデルはかなりお得感のある価格設定になっているといえます。

PS5(通常版)のメリット/デメリット

PS4のパッケージ版(ディスク)を多く持っている方は通常モデルであればそのまま遊ぶことができます。

PS5の通常盤のメリット・デメリットは以下の通り。

メリット
  • PS4との互換性によりPS4のソフトがあれば遊ぶことができる(中古も買って遊べる)
  • 店舗販売の場合、割引となるのでお得
  • UltraHD Blu-ray(UHD)の4K映像で超高精細の映画を鑑賞することができる(UHD対応プレイヤーを持っていない人におすすめ)
デメリット
  • 1万円高い
  • 約4.5kgと重く大きいサイズ(幅390mm×高さ104mmx奥行260mm)

PS5(デジタル・エディション版)のメリット・デメリット

デジタル・エディション版のメリット・デメリットは以下の通り。

メリット
  • 価格が1万円安い(3万9,980円)
  • 約3.9kgとスリムな見た目(サイズ:幅390mm×高さ92mmx奥行260mm)
デメリット
  • ディスクを入れることができないため映画鑑賞などのプレイヤー機能として使用できない
  • 遊ばなくなったソフトを売ることができない

スペック差はなし

PS5比較画像

PS5通常モデルとデジタルエディションモデルの違いは光学ディスクドライブの有無のみ。PS5通常モデルと、デジタル・エディションモデルにスペック上の違いはありません。

最大の違いとなる光学ディスクドライブですが、PS5(プレステ5)のディスクドライブはUltra HD Blu-ray対応に対応しており、4Kの高画質で映像を楽しむことができます。

ライブ映像を見るときなんかに活躍しそう。

本体サイズに違い

コンバース, スニーカー, チャック, 靴, スポーツの靴, 靴ひも

光学ディスクドライブ以外の違いとしては本体サイズの違いがあげられます。デジタル・エディションモデルと通常モデルを比較すると以下の通り。

通常モデル

・約390(幅)×104(高さ)×260(奥行き)mm

デジタル・エディション

・約390(幅)×92(高さ)×260(奥行き)mm

通常モデルの方が少しだけ背の高い作りになっています。ディスクドライブの分だけ通常モデルが大きいといったところです。

どっちが人気?

視聴者, コンサート, 音楽, エンターテイメント, 人, 群衆

ヨドバシの抽選倍率からみると通常版(40倍)/デジタルエディション版(91倍)となっているのでデジタルエディション版の方が人気のようにみえます。

しかしながら予約在庫数の比率は50:50ではありません。比率情報が公開されていませんが参考としてアメリカ小売店予約数のサンプル(arstechnica)によると比率は通常盤:デジタルエディション=約75:25となっており、通常版の方が出荷が多い可能性があります。

この比率と抽選倍率をざっくり見ると、通常版の方が人気が高いという結果になります。ただしサンプル数やヨドバシの予約在庫数から算出しています。

まとめ:どっちがおすすめ?

プレイ ステーション, Ps5, ビデオ ゲーム, ゲーム コンソール

筆者のおすすめは光学ディスクドライブ付きの通常モデルです。

最大の違い出るディスクドライブの有無ですが、PS5のディスクドライブはBDの後継規格であり「4KUltra HD ブルーレイ」とも呼ばれている超高性能なディスクドライブでして、映画などの映像ソフトを4Kで出力することができます。

そのため、UltraHD Blu-ray対応のプレーヤーが2万円前後で販売されていることを考えるとPS5通常モデルはかなりお得感のある価格設定になっているといえます。

手に入れづらい状態が続いていますが、こちらに予約情報をまとめているのでどうぞ。

【関連】今どこで買える?PS5の予約情報まとめ

おまけ:PS5 | おすすめ周辺機器

PS5はかなり高性能なゲーム機器ですので、PS5の性能を100%引き出すためにはモニターやヘッドセットにもこだわりたいところ。

筆者イチオシのPS5ヘッドセット

見た目も性能も文句なし、さらに価格も2万円弱というコスパの良さで、とりあえず迷ったらコレという逸品。超低遅延2.4Ghzワイヤレス採用でラグの心配もありません。

PS5のために開発されたワイヤレスヘッドセットでして、カラーリングも相性抜群でかっこいいです!

筆者イチオシのPS5ゲーミングモニター

165Hzのリフレッシュレート、WQHDという高解像度に対応したゲーミングモニターで、同じ価格帯ではトップクラスの性能。間違いなくコスパ最強で超おすすめ。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、興味のある方はぜひ。

\ Amazonおすすめサービス /

AmazonプライムはAmazonが提供する有料会員サービス。配送料無料の他、本、漫画、雑誌の読み放題などお得感万歳のサービスになっています。必須級。» 公式サイトを見る » 無料で試してみる
Amazonが提供する定額音楽聴き放題サービス。prime会員は780円と音楽サブスクサービスの中では最安価。30日の無料体験も実施中。» 公式サイトを見る » 無料で試してみる
Amazonが提供するAmazon Prime会員特典のひとつ。追加料金なしでアニメや映画が見放題なのでこれだけでもPrime会員に加入する価値あり。30日の無料体験も実施中。» 公式サイトを見る » 無料で試してみる
 
Amaoznが提供するオーディオブックサービス。プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴くことができ、移動中や作業中にいつでも読書ができます。2/24まで60日無料体験実施中。お早めに!» 公式サイトを見る » 無料で試してみる

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です